登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の転職事情を地域ごとに調査!

登録販売者の転職事情を地域ごとに調査!

福岡エリア

全国的に見ても登録販売者数の多い福岡エリア。元々医薬品販売店が多い地域にプラスし、最近では地域密着型のエリア店舗が増加しています。ホームセンターやドラッグストアなど、幅広い転職先が見込まれ、ドラッグストアでは正社員、ホームセンターではパート職員を募集するなど、雇用形態に偏りがあるのも特徴的です。

福岡エリアの登録販売者の
転職事情を見る

大阪エリア

日本国内で2位の面積の狭さを持つ大阪ですが、ミナミのような大規模繁華街もあり、人口数は全都道府県中3位(2018年2月時点)を誇ります。大阪エリアでは観光目的の訪日外国人が多く、それに伴い外国語を習得している登録販売者を歓迎している企業もあります。従来の店舗の2倍の広さを持つ大型店舗の出店も相次ぎ、求人数も増加しているエリアです。

大阪エリアの登録販売者の
転職事情を見る

神奈川エリア

かっこいい・かわいいといったブランド志向を持つ人が多い神奈川県。ドラッグストアをはじめ、ホームセンターやスーパーマーケット等で求人広告を出しています。登録販売者数も全国トップクラスです。また、有資格者の人手不足の割合も高いエリアのため、パートや正社員等幅広い雇用形態を望むことができます。さらにビューティー系や外国語の資格を持っていると時給アップに繋がることも。

神奈川エリアの登録販売者の
転職事情を見る

東京エリア

ドラッグストア、ディスカウントストア、スーパーマーケット、ホームセンター等々多くの勤務先候補が挙げられるエリアです。人口が密集している地域ですので、給与形態が高く設定されている店舗も多くあります。東京都のように人口が多いエリアでは、その分ライフスタイルが多様化し、それに合わせた働き方が必要です。東京エリアでは登録販売者求人において多様な勤務形態に対応している店舗も多く、自分のライフスタイルに合った勤務先を見つけることも可能でしょう。

東京エリアの登録販売者の
転職事情を見る

長野エリア

日本の和を感じられる観光地を多数所有する長野エリア。観光客の多さだけではなく、女性就業率・高齢就業率も高い地域です。ドラックストアをはじめ、ホームセンターなど登録販売者を必要とする店舗も数多く建設されています。そのため、求人数も多く、転職先を見つけるのも難しくはないでしょう。では、具体的な長野エリアの登録販売者の転職事情を見てみましょう。

長野エリアの登録販売者の
転職事情を見る

千葉エリア

広大な海が印象的な千葉エリア。マリンスポーツを楽しんだり、レジャー施設に足を運んだりと観光スポットが豊かで、I・Uターン転職を希望する人も少なくありません。東京都に隣接していることから、ベッドタウンとなっている千葉エリアですが、ドラッグストアの出店数増加に伴い、登録販売者のニーズも高まることでしょう。

千葉エリアの登録販売者の
転職事情を見る

埼玉エリア

登録販売者有資格者が非常に多い埼玉エリアでは、1年を通して求人が出されており、豊富な勤務先があります。しかし、同エリア内でも求人数が多い地域と、そうでない地域があります。求人数が多いエリアでは、労働条件に関して細かい要望を伝えると、マイナスに捉えられ、採用されないケースも多々あります。逆にビューティー系の販売経験や外国語の資格を持っている等であれば、優遇される場合もあります。

埼玉エリアの登録販売者の
転職事情を見る

富山エリア

ドラッグストアをはじめ、コンビニやホームセンターなど、転職先に困ることはありません。また、24時間営業に取り組む大手ドラッグストアも展開してきたことから、今後さらに登録販売者の需要も高まるでしょう。富山エリアの登録販売者数が少ないことから、人手不足とも言えます。共稼ぎ率の高い地域でもあり、労働条件に関して融通の利く職場が多い印象も。

富山エリアの登録販売者の
転職事情を見る