登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の転職はココをチェック!ポイントやノウハウを伝授

登録販売者の転職はココをチェック!ポイントやノウハウを伝授

登録販売者は、働く会社や店舗の立地、規模にもよって大きく変わります。こちらでは登録販売者の転職する際に大切なポイントやノウハウをご紹介します。

登録販売者の転職ノウハウ

登録販売者として転職活動をする際は、より待遇がよく、働きやすい就業条件で、かつ自分にあったお店を見つけるのがベストです。

しかし、登録販売者の求人をやみくもに探しているだけでは、思わぬ落とし穴があったり、良い求人を見落としてしまうことがあります。

そこで、登録販売者がよりよい転職活動ができるような情報をご紹介します。登録販売者が活躍できる場所や求人の探し方など、転職活動をする際のノウハウについてチェックしてみましょう。

登録販売者の活躍の場所とは?

登録販売者は、第二類・第三類医薬品を扱うことができる職業のため、薬局やドラッグストアなどで働くイメージを持っている人が多いですが、実はそこだけではありません。

最近ではコンビニに併設されているドラッグコーナーや、スーパー、家電量販店に併設されているドラッグコーナーもありますので、登録販売者が活躍できる場はどんどん増えています。

お店の形態や立地、販売している商品によって仕事内容やスタッフの人数も変わりますので、どんな働き方がしたいかということも大切になってきます。

求人の探し方は?

最近は、地方都市でもドラッグストアがたくさん作られていますので、全国的に見て登録販売者の求人は安定的にあります。

登録販売者の求人は、ドラッグストアを運営している会社のサイト上で募集していたり、店頭に求人が張り出されていたり、求人サイトなどに出ていたりといろいろなところから情報を得ることができます。

ただし、いろいろな会社の条件などを客観的に比較したい場合は、求人サイトなどで見比べるのが良いでしょう。

主な就職先

登録販売者の就職先は主に薬局やドラッグストアがほとんどです。登録販売者は薬剤師と違って薬の調剤、要指導医薬品の指導、第一類医薬品の相談や販売を行うことはできません。

しかし、それ以外の部分では薬剤師とほぼ同じ仕事をすることができます。そのため、会社によっては「薬剤師の代わりに登録販売者を雇用したい」と考える企業もあります。

他にも医薬品販売を行っているコンビニや家電量販店、スーパーなどで働くことができますので、通勤面や条件なども含めてしっかり選ぶことが大切です。

志望動機の書き方は?

登録販売者に限らず、面接官はあらゆる角度から質問をし、「応募者の一貫性」を計ります。そのため、自分が体験したエピソードなどを交えて「本当に登録販売者として働きたい」という気持ちをアピールしましょう。

しかし、あまりにも一般的な内容の場合は面接官の印象に残りにくいので、実際に体験したエピソードや応募している企業を自然に持ち上げるような内容、どう思ったかなどをまとめて、「なるほど!」と思ってもらえるように意識すると良いでしょう。

転職で有利になるには?

登録販売者の転職で有利になるポイントは、ずばり「経験」です。実務経験が長いほど、薬に対する知識や接客技術が高いと思ってもらえるため、即戦力として認めてもらえる可能性があります。

そうなると「登録販売者の資格を取ったばかりの人は不利なの?」と思いがちですが、そうではありません。

経験はない場合でも、面接官は仕事に対するモチベーションの高さや教わる姿勢、意欲というところもしっかり見ています。「経験」という面でハンデがあるのであれば、それ以外で自分の一番の売りを積極的にアピールすることが重要です。

採用される年齢は?

登録販売者は、資格を持っていれば、年齢は関係なく採用されることがほとんどです。そのため、子育てがひと段落した主婦であっても、復帰は可能です。

しかし、働く店舗によっては力仕事が多かったり、勤務時間が長い場合もあります。転職活動をする際は、店舗の規模や仕事内容などをチェックすることも大切ですが、一度店舗を訪れてみて働いている人の雰囲気をチェックしてみることも重要です。

転職時に必要な書類は?

登録販売者として晴れて転職先が見つかった後は、転職先の会社に提出する書類を用意する必要があります。転職するタイミングによっても異なりますが、前職から間を開けずに入社する場合は、「雇用保険被保険者証」や「年金手帳」などが必要となります。

また、場合によっては「源泉徴収票」や「健康保険被扶養者異動届」などが必要になる場合もあります。 そして転職先が決まったら、勤務地の都道府県に「販売従事登録申請書」の届け出が必要となります。

届け出をする際は「登録販売者試験合格通知書」と、「健康診断書」、「証書」、「戸籍謄本」などが必要となりますので、担当窓口などで確認してみましょう。

登録販売者の転職は難しい?

登録販売者に転職するときの手続き

土日休みができる登録販売者としての転職

登録販売者の志望動機回答例

登録販売者の転職に有利な業界とは

登録販売者の転職に必要な書類

正社員として登録販売者に転職する

まとめ

最近は登録販売者が活躍できる場が増えてきています。今の職場でさほど不満なく働けているという人でも、違う店舗であればより良い条件で働くことが出来る場合もあります。

すぐには転職を考えていないという人でも、近所にある他のドラッグストアなどの求人をチェックするなどして、より働き外のある職場を探してみてください。