登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の転職はココをチェック!ポイントやノウハウを伝授 » 登録販売者が転職する際の履歴書の書き方とは?

登録販売者が転職する際の履歴書の書き方とは?

履歴書は登録販売者が転職活動を行う上で、とても重要なアイテムです。履歴書の書き方によって、採用官の印象も左右されます。

「効果的な履歴書・職務経歴書」をマスターすることが、転職への近道になるのです。こちらのページでは、転職の際に役立つ履歴書と職務経歴書の書き方をご紹介。現在、狙っている会社がある人は必見です。

履歴書の重要性

名前や住所、経歴、保持している資格、志望動機や自己PRなどを記載する履歴書。まさに、自分自身の「顔」とも言えます。そのため、履歴書は非常に重要なものとなるのです。

初めて会う面接官にも自分がどういう人どんな風に働きたいか、今までの経験をしっかりアピールできるように書きましょう。 「面接の際に聞かれそうなこと」を予め予想して書いておくことも大切です。

登履歴書の書き方

履歴書を書く際は、いくつかポイントがあります。最近ではパソコンでダウンロードできるタイプのものもありますが、「手書き」と指定されているものは必ず手書きで書きましょう。手書きで記載する場合は、黒のボールペンを使用してください。

最近は消えるボールペンを使う人も増えていますが、履歴書で使用するのはNGです。万が一誤って記載した場合は修正ペンなどを使用せず、必ず新しい履歴書でイチから書き直しましょう。

また履歴書を手書きするうえでもっとも大切なことは、「相手が読みやすいように丁寧に書く」ということです。字に自信がなくても、丁寧に書いているかどうかは見ればわかるもの、できる限り読みやすいように、丁寧に書くことを心がけましょう。自己PRや志望動機はなるべくネガティブな内容は書かずに、前向きな内容を書くことが大切です。

職務経歴書によるアピール

今までに複数回転職をしている人や職務経歴がある人の場合は、履歴書の他にも「職務経歴書」を用意しましょう。職務経歴書は、自分自身の職務経歴を文章にして、相手に分かりやすく伝えることができるため、過去に携わった業務内容などをアピールすることが可能です。

なお、職務経歴書には履歴書のように特定の書式はありませんが、多く分けて時系列で経歴を書く「編年体式」と、スキルや職種別に経歴を記載する「キャリア式」の2種類あります。書きやすい書式を選ぶということでも問題ありませんが、ほかの職種での経歴がなければ編年体式が書きやすいでしょう。

登録販売者の職務経歴書のポイント

職務経歴書は、パソコンで作成するのが一般的です。文末を「ですます調」で揃えたり、読む相手のことを考えて極力わかりやすく作成することが重要です。

ドラッグストアや薬局などでの職務経歴がある場合は、会社名だけでなく業態や医薬品販売に関連した業務内容を記載することと、「取り扱い医薬品数」や「相談応需数」を記載するようにしましょう。