登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の給料は安い?社員やパートの給料事情をご紹介 » 登録販売者の給料は高い?安い?給料の実態を調査

登録販売者の給料は高い?安い?給料の実態を調査

登録販売者の給料は高いのか安いのかについて徹底的に調査しました。また、登録販売者の給料についての実態や業種別の登録販売者の給料の相場などについてご紹介します。

登録販売者の給料は高い?給料の実態を公開!

ドラッグストアで働く登録販売者の給料は、月収20万円前後、平均年収は400万円が相場と言われています。日本の平均から比べると少し低い相場です。そして基本給にプラスして登録販売者の「資格手当」が支給されます。

資格手当は5,000~20,000円と会社によって金額が異なりますので、転職を考えている人は手当についてもしっかりチェックしておくと良いでしょう。

登録販売者の給料相場はどこの会社でも同じ?

登録販売者は薬局やドラッグストア、ドラッグコーナーでの勤務となりますが、店舗を経営している業種によって給料の相場が異なります。

ドラッグストア大手の年収は350~440万円、コンビニエンスストアの場合は年収300~560万円です。地域によっても異なりますが、業種によって給料相場は変わります。

登録販売者の給料は業務内容的に高い?安い?

登録販売者は薬の販売から接客、品出し、レジ打ちなど業務内容は多岐に渡ります。多くのドラッグストアが店舗数を増やしている背景から登録販売者の需要も高いため、アルバイトやパートの場合は時給が高めな傾向に。

正社員として働く場合は店長やエリア長などキャリアアップを目指すことで、平均年収より高い年収を得ることができます。

登録販売者に将来性はある?

登録販売者の主戦場であるドラッグストアは、業種問わずに増加傾向にあります。特に観光客の多い地域や首都圏などは年中登録販売者の募集を行っているため、登録販売者の数はまだまだ需要に追い付いていません。

これから登録販売者を取りたいと考えている人も、今後まだまだ需要がある職種のため、登録販売者は将来性がある職業と言えます。

まとめ

正社員で登録販売者として勤務する場合の年収は、日本の平均年収に比べてやや低めですが、キャリアアップを目指すことで高年収も夢ではありません。

子育て中の主婦など忙しい人の場合は、他に比べて時給が高めなアルバイトやパートで力を付けてから正社員にチャレンジするということも可能です。ただし、資格手当は企業によって異なるので注意しましょう。