登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の仕事とは » 登録販売者はドラッグストア以外はどこで働ける?

登録販売者はドラッグストア以外はどこで働ける?

ここでは、登録販売者の働き先をまとめてみました。全国に約60,000店もあるだけに、ドラッグストアを思い浮かべる方も多いはず。他にどんな働き先があるのか紹介します。

登録販売者の職場=ドラッグストア&薬局ではない!

登録販売者の資格を持つ人の多くはドラッグストアで働いていますが、OTC医薬品を取り扱う業界はドラッグストアだけではありません。

医薬品販売の規制緩和に伴い、家電量販店やコンビニ、スーパー、ホームセンターなどでは医薬品売場を設置する店舗が増加。OTC医薬品を販売できる資格を持つ登録販売者の活躍の場は広がっています。

これから転職を検討している人は、ドラッグストア業界だけでなく視野を広げて探してみましょう。

管理者要件を満たしているかがポイント

ドラッグストア以外の業種の場合は「管理者要件を満たす人」という条件付きが多いのがポイントです。

ドラッグストア業界の場合、資格を取ったばかりの未経験者を指導できる薬剤師や管理者要件を満たす登録販売者が複数働いていることがほとんど。そのため研修中の登録販売者の採用も積極的です。

しかし家電量販店やコンビニ、スーパー、ホームセンターの場合は「医薬品売場」だけを責任もって管理できる人材を必要最小限に配置するケースが多いため、管理者要件を満たしている人のみの募集になるケースが多いのです。

なかには研修中の登録販売者もOKという店舗もありますが、管理者要件を満たしている人のほうが職場選びの幅が広いのは確かです。

ドラッグストア以外の職場とは

ドラッグストア以外の職場と求人数が多い企業、その特徴を簡単に紹介していきます。

コンビニエンスストア

顧客への利便性を求め、一般商品だけでなく宅急便受付やATM、チケット受理などさまざまなサービスを提供するコンビニ。医薬品販売の規制緩和に伴い、OTC医薬品を導入する店舗が増えています。

なかでも積極的に参入しているのがローソンです。全国各地の店舗で登録販売者の求人を行っています。

ローソンの場合、週の勤務日数や時間が少なくても相談に応じてくれる店舗が多いのが特徴。家庭やプライベートとの両立も可能です。医薬品の管理・販売がプライオリティではありますが、コンビニ業務全般をこなす必要があります。

コンビニの登録販売者
求人&詳細をもっと見る

【PR】謎の多いコンビニ
登録販売者に密着!

家電量販店

家電量販店でも取り扱う品目が増え、OTC医薬品売場を設ける企業が増えています。家電量販店のなかでは、業界トップの業績を誇るヤマダ電機のグループが登録販売者の求人を積極的に出しています。次いでビックカメラです。

ヤマダ電機には「テックランド」や「住まいる館」といった店舗ブランドがありますが、全国各地にあるこれらの店舗内の医薬品売場を管理できる登録販売者を求めています。

基本的に医薬品や日用品売場を担当&管理しますが、周辺売り場をヘルプすることもあるようです。最低でも週30時間就労できる人を求めているので、固定で安定して働きたい人、家電やPCが好きな人に向いているでしょう。

家電量販店の登録販売者
求人&詳細をもっと見る

スーパー

スーパーマーケット内の医薬品・日用品売り場を担当する登録販売者求人も増えています。大手企業ではイオン・ダイエー・イトーヨーカ堂・ライフなど、そのほか地域に密着しているローカル系のスーパーでも求人が見られます。

求人条件を確認すると、フルタイムに近い固定シフトを設けている店舗が多いのが特徴。安定した収入を得たい人におすすめです。また大手スーパーの場合は、福利厚生が充実していて労働法がきちんと機能している(サービス残業なしなど)もメリットとして挙げられます。

スーパーの登録販売者
求人&詳細をもっと見る

ホームセンターやディスカウントストア

ホームセンターやディスカウントストアでも、医薬品販売の規制緩和に伴ってOTC医薬品売場を設置する企業が増えています。店舗内に設けられた医薬品・日用品売場の担当や、その周辺売り場のヘルプなどが主な仕事です。

ホームセンター業界では、コーナン・カインズ・DCM、ディスカウントストア業界ではドン・キホーテなどの登録販売者求人を見かけます。これらの店舗では、集客数の多い週末勤務を求められることも多いようです。

ホームセンター・ディスカウントストアの登録販売者
求人&詳細をもっと見る

免税店

医薬品を取り扱う免税店でも登録販売者は必要です。免税店の場合、OTC医薬品はさまざまな商品を扱う中の一部分であることが多いので、全商品の販売に関わると思った方がいいでしょう。

英語や中国語などの外国語や、外国人とのコミュニケーション能力を求められます。

免税店の登録販売者
求人&詳細をもっと見る

テレフォンカウンセリング・置き薬の営業

店頭販売業務でない登録販売者の仕事もあります。

例えば通信販売で健康食品やOTC医薬品を取り扱う会社が、登録販売者を募集するケースです。その場合、登録販売者は電話で医薬品のオーダーを受けたり、相談などに応じます。

他にも配置薬品を取り扱う会社が、登録販売者を募集していることもあります。この場合は、車で取引先に訪問して配置薬箱を管理したり、お客様の健康に関してのヒアリングを行ったり、新規開拓(営業)をすることになります。

これらの業種は夜間勤務や週末勤務のない会社が多いため、家族を一緒に過ごせる時間を多く持ちたい人におすすめです。ただし求人数は少ないです。

接骨院

近年、院内調剤の医院が減ってきているため、登録販売者が整骨院内で働くことは少なくなっていますが、登録販売者は整 骨院に併設されている調剤薬局で働くこともできます。

第一類医薬品、調剤などの販売はできませんが、調剤薬局で取り扱っている第二類・第三類医薬品の販売は可能です。また、 薬剤師の補佐として働くこともできますので、他のお店では経験できないお仕事をすることもあります。

接骨院の場合は、整形外科のように「治療」を行うわけではなく、冷罨法・温罨法・マッサージなどの「施術」をします。

OTC医薬品のエキスパートである登録販売者が、患者さん1人ひとりに合った提案をすることができるので、接骨院に併設されている調剤薬局でのお仕事は「非常にやりがいを感じる」という人も。

漢方薬局

登録販売者は、漢方薬局でも働くことができます。漢方薬局の場合は、一般医薬品の取り扱いが少ないというのが特徴です。

また、漢方薬局ならではのお仕事もあります。それは、たくさんの種類の「漢方薬」を取り扱うこと。ドラッグストアではあまり扱っていない漢方薬を専門に販売する漢方薬局では、お客さんの薬歴管理や顧客管理なども行います。

そのため、ドラッグストアと比べるとお客さんと深いお付き合いをすることがあり、やりがいを感じる人も多いようです。また、企業によっては「登録販売者」としてのお仕事というよりも「漢方カウンセラー」や「漢方相談員」という立ち位置でお仕事をすることもできます。

自分の理想の働き方ができる「職場」を選ぼう

ドラッグストア以外で登録販売者の資格が必要な業界を紹介してきました。

これらの業界の多くは、登録販売者本来の業務である「OTC医薬品販売・管理・相談」にしっかりと関われることです。多くの来客のあるドラッグストアは、接客の経験を積むのに最適ですが、企業や店舗の方針によっては医薬品以外の品出しや陳列、レジ業務などに追われてしまい本来の目的を見失う人もいるようです。

そんな葛藤を感じているのであれば、ぜひ今回紹介したような職場を検討してみてください。