登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の仕事とは » 登録販売者はドラッグストア以外はどこで働ける?

登録販売者はドラッグストア以外はどこで働ける?

ここでは、登録販売者の働き先をまとめてみました。全国に 約60,000店もあるだけに、ドラッグストアを思い浮かべる方も多 いかと思いますが、他には何があるのかを紹介したいと思います 。

登録販売者=ドラッグストアは勘違い

第二類医薬品、第三類医薬品を取り扱っている店舗としてまず思い浮かべるのは、ドラッグストアではないでしょうか?

ドラッグストアは名称からも、薬の置いてあるお店 だと誰もが分かりますので、薬剤師や登録販売者はドラッグスト アで働くものだと思う人が多いのも頷けるのですが、登録販売者 は決してドラッグストアだけが働き先ではありません。

近年、第二類医薬品、第三類医薬品に関しては様々な場所で 販売されています。更に薬の販売場所は広がりを見せていますの で、登録販売者の働き口は決してドラッグストアだけではなく、 むしろ多くの選択肢が待っています。

家電量販店

第二類医薬品や第三類医薬品を取り扱っている家電量販店も ありますので、登録販売者の働き先の選択肢の一つです。

家電量販店の場合、薬がメインではなく、取り扱い商品の一 部になりますので薬の販売だけがお仕事ではありません。むしろ 他にも様々な商品を販売しますので、お仕事の幅が広いです。

スーパー

第二類医薬品や第三類医薬品を扱うスーパーも登場していま すので、スーパーでもまた、登録販売者を求めています。

スーパーの場合、部門を決めて担当してもらうことになりま すので、登録販売者の場合、薬コーナー担当となる可能性が高い です。但し、薬だけではなく、他の部門の応援等もお仕事です。

コンビニ

コンビニの中にも第二類医薬品や、第三類医薬品を取り扱う ところが登場していますので、登録販売者のニーズは増えていま す。

但し、コンビニの場合、様々なラインナップの中に「薬もあ る」というスタンスにありますので、薬の取り扱いのみならず、 他の商品の品出しやレジ、接客業務も行います。

免税店

インバウンドの増加により、第二類医薬品、第三類医薬品を 取り扱う免税店も登場しています。

「爆買い」の対象はかつては高級ブランドでしたが、近年は 頻繁に利用する日用品・消耗品がターゲットとなっていますので 、免税店でも登録販売者を求めています。

免税店の場合もまた、薬のみならず、様々な商品を取り扱う ことにありますが、何より外国語が求められますので、日本人の お客相手とは違ったコミュニケーション能力が求められます。

ホームセンター

最近は医薬品を扱う「ドラッグコーナー」が併設されている ホームセンターが増えてきています。
それに伴い、登録販 売者の需要も増えてきており、仕事場の種類も増えています。
なかでもホームセンターはいろいろな商品を販売している ため、登録販売者として働く場合でも、医薬品以外の商品の販売 や、接客といったお仕事が発生する可能性があります。 そのた め、お薬の提案や販売といったお仕事だけでなく、「お仕事の幅 が広い」ことが特徴です。
登録販売者としての仕事をしな がらも、常にお客様のために考えながら働きたいという人には、 ホームセンター内のドラッグコーナーでのお仕事はおすすめです 。

ただし、ホームセンター内にあるドラッグコーナーの場合は 、お店の規模が小さい場合がほとんどなので、たくさんのスタッ フとお仕事をするというよりも、数人または1人でお店をまわす という可能性が高いです。
そのため、1人または少人数で お店を回さないといけない場合は、1つ1つの仕事を丁寧に、責任 をもって仕事をする必要があります。

1人でお店をまわしているタイミングでは、分からないことを 誰かに聞くということができないので大変なこともありますが、 責任感の強い人や今までの経験を存分に生かしたいという人には ぴったりの職場と言えます。
取り扱う商品にもよって変わ りますが、ホームセンターの場合はスーパーやコンビニチェーン などと異なり、お昼や夕方など「特定の時間に混む」ということ は少ないことが特徴です。
お客様の来店比較的分散してお 客様が来店する傾向があります。「ヒマな時間」が苦手で常に動 き回っていたいという人の場合は、ホームセンターのドラッグス トアコーナーでの勤務もおすすめです。

接骨院

最近では院内調剤の医院が減ってきているため、登録販売者 が整骨院内で働くことは少なくなっていますが、登録販売者は整 骨院に併設されている調剤薬局で働くこともできます。

第一類医薬品、調剤などの販売はできませんが、調剤薬局で 取り扱っている第二類・第三類医薬品の販売は可能です。また、 薬剤師の補佐として働くこともできますので、他のお店では経験 できないお仕事をすることもあります。

接骨院の場合は、整形外科のように”治療”を行うわけでは なく、冷罨法、温罨法、マッサージや物理療法などといった”施 術”を行います。そして施術の効果を高めるため取り入れると良 い栄養素を紹介する場合もあります。

医薬品やサプリメントなどのプロである登録販売者が患者さ ん1人1人に合った提案をすることができるので、接骨院に併設さ れている調剤薬局でのお仕事は「非常にやりがいを感じる」とい う人もいます。

また、多くの登録販売者が調剤薬局で働く上で一番のメリッ トとしてあげることは、「たくさんの薬剤師さんと一緒に働くこ とができる」という点です。ドラッグストアや薬局にも薬剤師さ んが常駐している店舗がありますが、調剤薬局の場合は常にたく さんの薬剤師さんが勤務しています。

そのため、お薬に関する知識や理解を深めるタイミングがた くさんあります。 登録販売者として仕事をしながら、お薬に関 する知識や理解を深めたいという人の場合は、「接骨院に併設さ れている調剤薬局」で働くことのがおすすめ。

ドラッグストアや薬局などでは扱っていない薬が多くあるう え、知識や経験が豊富な薬剤師さんと接することができるためで す。

漢方薬局

登録販売者は、漢方薬局でも働くことができます。漢方薬局 の場合は、一般医薬品の取り扱いが少ないというのが特徴です。

また、漢方薬局ならではのお仕事もあります。それは、たく さんの種類の「漢方薬」を取り扱うという事が最大の特徴です。 さらに漢方薬局では、お客様の薬歴管理や顧客管理なども行いま す。

そのため、よりお客様と深いお付き合いをすることができる ので、やりがいを感じる人も多いという特徴があります。また、企業によっては「登録販売者」としてのお仕事というより も「漢方カウンセラー」や「漢方相談員」という立ち位置でお仕 事をすることもできますので、漢方の知識を深めながら、地域の 方の健康を守ることができます。

「ドラッグストアや薬局 の登録販売者は結局薬にあまり関われない」という思いを抱えな がら仕事をしている方には漢方薬局がおすすめです。

そして漢方薬局の場合は、その企業ごとに基礎とする漢方養 生学が異なることもあるため、働くお店によって学べることが違 うという特徴もあります。

他にも漢方薬局はお店にもよ って小規模な店舗から大規模な店舗までさまざまあります。

もっと薬に携わりたいと考えている人や、医薬品やサプリメン トなどだけではなく、お客様に提案できる範囲をもっと広げたい 人、人間本来が持つ自然治癒力を高めるために漢方の知識を身に 付けたいという人は、ぜひ漢方薬局への転職を検討してみてくだ さい。