登録販売者のための転職サイト » 登録販売者の仕事とは » 登録販売者はドラッグストア以外はどこで働ける?

登録販売者はドラッグストア以外はどこで働ける?

ここでは、登録販売者の働き先をまとめてみました。「薬を販売する場所」と聞いて、ドラッグストアを思い浮かべる方も多いはず。他にどんな働き先があるのか紹介します。

登録販売者の職場=ドラッグストア&薬局ではない!

登録販売者の資格を持つ人の多くはドラッグストアで働いていますが、OTC医薬品を取り扱う業界はドラッグストアだけではありません。

医薬品販売の規制緩和に伴い、家電量販店やコンビニ、スーパー、ホームセンターなどでは医薬品売場を設置する店舗が増加。OTC医薬品を販売できる資格を持つ登録販売者の活躍の場は広がっています。

これから転職を検討している人は、ドラッグストア業界だけでなく視野を広げて探してみましょう。

管理者要件を満たしているかがポイント

ドラッグストア以外の業種の場合は「管理者要件を満たす人」という条件付きが多いのがポイントです。

ドラッグストア業界の場合、資格を取ったばかりの未経験者を指導できる薬剤師や管理者要件を満たす登録販売者が複数働いていることがほとんど。そのため研修中の登録販売者の採用も積極的です。

しかし家電量販店やコンビニ、スーパー、ホームセンターの場合は「医薬品売場」だけを責任もって管理できる人材を必要最小限に配置するケースが多いため、管理者要件を満たしている人のみの募集になるケースが多いのです。

なかには研修中の登録販売者もOKという店舗もありますが、管理者要件を満たしている人のほうが職場選びの幅が広いのは確かです。

ドラッグストア以外の職場とは

ドラッグストア以外の職場と求人数が多い企業、その特徴を簡単に紹介していきます。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでは、一般医薬品の販売を担当する登録販売者の求人は安定しています。通常、各店舗に1~2名が配属され、月給相場は20万円から25万円程度です。24時間営業のため、シフト制で自分のライフスタイルに合わせて働くことが可能です。夜勤や早朝勤務があることは、時間を有効活用し、昼間に別の活動をする機会となります。多様な顧客と接することでコミュニケーション能力が向上し、対人スキルを重視し、柔軟な働き方を望む人に適しています。

メリット

店舗が多くどこでも選べ、24時間営業で勤務時間が自由に設定できます。日々多様なお客様と接する中で、コミュニケーション能力や対応力を磨くことができ、忙しい環境下での迅速な判断力も養われます。

デメリット

コンビニで働く際、医薬品販売が主業務ではないため、登録販売者の専門知識を充分に活かしづらい側面があります。

仕事内容

コンビニエンスストアの店内で、お客さんから医薬品の相談があれば対応します。仕事の多くは一般販売員と同じで、商品の陳列、レジ打ち、賞味期限のチェックなども行います。

勤務時間(例)

  • 24時間(希望制またはシフト制)

給料

  • 正社員:平均月給310,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給1,013円
  • 派遣社員:平均時給1,388円

ノルマ

ノルマはありません。

やりがい

健康上の理由などで薬局等へ移動できない地域の方々などに向け、登録販売者として適切な助言をして感謝されたとき、一般コンビニ店員とは異なる大きな仕事のやりがいを感じられるでしょう。

コンビニの登録販売者
求人&詳細をもっと見る

【PR】謎の多いコンビニ
登録販売者に密着!

家電量販店

家電量販店の登録販売者は、健康家電や一般医薬品の販売を担当し、1~3名の登録販売者が各店舗に配属されます。月給相場は22万円から28万円程度で、商品知識の提供や相談対応が主な業務です。最新の健康家電に関する深い知識を習得できることがメリットですが、週末や祝日に勤務が集中することがデメリットです。技術や製品に興味があり、人と接することが好きな人に向いています。

メリット

家電量販店での勤務は、時給1200〜1500円と高く、福利厚生や手当の充実も魅力です。最新家電の知識が身につき、顧客の生活を豊かにする提案ができるやりがいも大きいです。

デメリット

家電量販店での勤務は、来店されるお客様が主に家電の購入や情報収集を目的としているため、一般用医薬品の販売機会が少なく、登録販売者としての専門スキルや知識を十分に活かせないことがあります。

仕事内容

売り場の一角にある医薬品コーナーの担当者として、お客さんからの医薬品購入の相談に対応します。医薬品の仕入れやディスプレイ、在庫管理、陳列なども行います。

勤務時間(例)

  • 早番:9:00~17:00
  • 日勤:12:00~22:00
  • 一日勤務:9:30~22:00など

給料

  • 正社員:平均月給300,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給1,203円
  • 派遣社員:平均時給1,385円

ノルマ

個人別の売上目標を設定されることはありますが、ノルマではありません。

やりがい

登録販売者としての専門知識を活かせることがやりがいの一つですが、長く勤務して実力を付ければ給与が上がりやすいことも、家電量販店の仕事のやりがいとなるでしょう。

家電量販店の登録販売者
求人&詳細をもっと見る

スーパー

スーパーマーケットでは、食品や日用品と共に一般医薬品を扱い、登録販売者は各店舗に1~2名配属されます。月給相場は20万円から25万円程度です。地域住民との密接な関係を築きやすい安定した勤務環境がメリットですが、週末や夜間のシフトが多い点がデメリットです。地域社会への貢献を重視し、安定した仕事を求める人に適しています。

メリット

基本的に一人で医薬品コーナーを管理するため、実質店長のような経験ができます。商品の陳列や在庫管理など、店舗運営の全般について学べ、大きなやりがいを感じられます。また、大手チェーン店では福利厚生が充実しており、働きやすい環境が整っています。

デメリット

スーパーでの勤務は、休日が繁忙期であるため、土日祝の休みが取りにくいです。また、医薬品を求めるお客様が少なく、取り扱い品目も限られているため、登録販売者としてのやりがいを感じにくい場合があります。

仕事内容

スーパーの中にある医薬品コーナーの担当者として、お客さんへの相談対応や医薬品の在庫管理、陳列などを行います。スーパーの規模によっては、一般販売員と同じ仕事(レジ打ちなど)も行うことがあります。

勤務時間(例)

  • 9:00~17:00など

給料

  • 正社員:平均月給290,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給993円
  • 派遣社員:平均時給1,239円

ノルマ

店舗ごとの売上目標が設定されることはありますが、基本的に個人へのノルマはありません。

やりがい

店舗にもよりますが、一般にスーパーの医薬品販売コーナーは狭く、登録販売者は自分一人しかいないことも少なくありません。大きな責任はあるものの、比較的自由度高く働けることがやりがいになるのではないでしょうか。

スーパーの登録販売者
求人&詳細をもっと見る

ホームセンターやディスカウントストア

ホームセンターやディスカウントストアでは、DIY用品や家庭用品の知識と共に一般医薬品の販売知識が求められます。1~2名が配属され、月給相場は21万円から26万円程度です。幅広い商品知識を習得できることがメリットですが、休日やセール期間中の忙しさに対応する必要があります。多岐にわたる知識を身につけたい、忙しい環境での仕事を好む人に適しています。

メリット

駅近や大きな駐車場があるため通勤しやすいです。医薬品ブースでの勤務では、商品の仕入れや配置に携わり、直接店舗の売上向上に貢献できます。この経験は、商品管理能力やマーケティングスキルを高め、自身のキャリアアップにも繋がります。

デメリット

ホームセンターやディスカウントストアでの勤務では、土日や祝日にお客様が多く来店するため、休日を取りづらいことがあります。また、扱う一般用医薬品の種類が限られている場合が多く、他の商品の対応も求められることがあります。

仕事内容

  • 9:00~19:00など

給料

  • 正社員:平均月給350,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給974円
  • 派遣社員:平均時給1,224円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

店舗の規模にもよりますが、勤務中、基本的に自分が医薬品の売り場責任者となります。お客さんの健康を守るための大きな責任の中で働くことは、一般スタッフとは異なる登録販売者としての大きなやりがいとなるでしょう。

ホームセンター・ディスカウントストアの登録販売者
求人&詳細をもっと見る

免税店

免税店の登録販売者は、主に外国人観光客向けに一般医薬品の販売を行い、配属人数は店舗により異なりますが、月給相場は23万円から30万円程度です。国際的なコミュニケーション能力を身につけることができることがメリットですが、言語や文化の壁に直面することがデメリットです。外国語スキルを活かしたい、異文化交流に興味がある人に向いています。

メリット

国際的な顧客対応能力や異文化コミュニケーションスキルが身につきます。様々な国の人々と接することで、広い視野と深い理解力を養え、多言語能力の向上も期待できます。また、免税商品の知識を深めることができ、グローバルな市場状況について学ぶ機会も豊富です。

デメリット

免税店での勤務は、言語の壁や異文化の理解が必要なため、コミュニケーションに難しさがあります。また、国際的な顧客対応はやりがいがある一方で、繁忙期には非常に忙しく、ストレスを感じることもあります。

仕事内容

空港内や繁華街などにある免税店に在籍し、来店するお客さんへの医薬品の相談に対応します。基本的に外国人を相手にする仕事なので、ある程度の語学力が要求されます。

勤務時間(例)

  • 5:40~24:20など

給料

  • 正社員(例):約280,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート(例):時給1,300円
  • 派遣社員(例):時給1,400円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

旅行者の高揚した気持ちがこちらにも伝播し、終日ワクワクした気持ちで働けるのが免税店スタッフのやりがいと言われることがあります。また語学の堪能な登録販売者は、自分の語学力を活かせることもやりがいに感じられるでしょう。

免税店の登録販売者
求人&詳細をもっと見る

テレフォンカウンセリング・置き薬の営業

テレフォンカウンセリングや置き薬の営業では、専門的な知識を活かして顧客にアドバイスを提供します。在宅勤務の可能性もあり、月給相場は25万円から30万円程度です。顧客との深い信頼関係を築きやすいことがメリットですが、直接顧客と対面しないため、コミュニケーションに工夫が必要です。自律的に働きたい、コミュニケーションスキルを活かしたい人に適しています。

メリット

顧客との信頼関係を築くコミュニケーション能力が高まります。在宅勤務の可能性もあり、柔軟な働き方を実現できます。顧客の健康をサポートする提案力や、電話対応スキルも磨かれ、遠隔地の顧客にも貢献できるやりがいを感じます。

デメリット

テレフォンカウンセリングや置き薬の営業では、直接顧客と対面しないため、表情や身振りからの非言語的なコミュニケーションが取りづらく、顧客の真のニーズを把握することが難しい場合があります。また、在宅勤務が可能な場合もあるものの、自己管理能力が求められます。

仕事内容

テレフォンカウンセリングは、医薬品の通信販売などを行っている会社に所属し、電話を通じて、お客さんからの相談やオーダーに対応する仕事です。置き薬の営業は、取引先に訪問して医薬品の配達や相談対応などを行う仕事です。

勤務時間(例)

  • 9:00~18:00など

給料

  • 正社員:平均月給290,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給1,197円
  • 派遣社員:平均時給1,346円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

他の職場での登録販売者と同様、医薬品の専門家としてお客さんから頼られることが仕事のやりがいの一つ。自分の助言によって新規のお客さんを獲得できた際にも、大きな仕事のやりがいを感じることでしょう。

接骨院

接骨院での登録販売者は、患者さんへの一般医薬品の選定やアドバイスを行い、少人数での勤務が一般的です。月給相場は22万円から27万円程度です。専門的な医療知識を深めることができ、患者さんの回復を直接サポートできるやりがいがありますが、医療現場特有の忙しさや緊急対応が求められることがあります。医療に興味があり、人の役に立ちたいと考える人に向いています。

メリット

患者さんの健康回復を直接サポートすることで大きなやりがいを感じます。医療現場での経験を通じて、専門的な医薬品知識やカウンセリングスキルが身につきます。患者さんとのコミュニケーションを重視し、治療に寄り添う姿勢が求められるため、人と深く関わる仕事をしたい方に適しています。

デメリット

接骨院での勤務は、医療関連の専門知識が深く求められるため、継続的な学習が必要です。また、患者さんの症状に応じた対応が求められるため、精神的な負担を感じることがあります。患者さんとのコミュニケーションには、高い注意と配慮が必要となります。

仕事内容

骨院に併設されている調剤薬局等に勤務し、お客さんからの医薬品相談や販売業務などに対応します。勤務先によってはレセプトの作成など、調剤薬局事務に関連する仕事をこなすこともあります。

勤務時間(例)

  • 9:00~20:00など

給料

  • 正社員:平均月給250,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給914円
  • 派遣社員:平均時給1,394円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

接骨院併設の調剤薬局を訪れるお客さんは、ほぼ全員が医薬品を求めて来店します。コンビニやスーパーの登録販売者とは異なり、終日、自分の専門である医薬品関連の業務に注力できる点は、接骨院の登録販売者のやりがいとなるでしょう。

漢方薬局

漢方薬局では、漢方に関する深い知識と経験が求められ、1~2名が配属されます。月給相場は23万円から28万円程度です。漢方の専門知識を活かし、長期的な健康サポートに携われることがメリットですが、漢方に関する知識の習得に時間がかかることがデメリットです。健康への深い興味と学習意欲のある人に向いています。

メリット

お客様とじっくり向き合い、カウンセリングを行う機会が多いです。新しい症状に悩む人への対応で、深い知識を必要としますが、専門家として大きなやりがいを感じることができます。

デメリット

漢方薬局で働くと、漢方薬に特化した知識は深められますが、西洋医学やその他の一般用医薬品に関する学習機会が限られる可能性があります。多方面にわたる医薬品知識を身につけたい方には、やや制限を感じるかもしれません。

仕事内容

漢方を中心とした医薬品を扱う薬局で、お客さんからの医薬品に関する相談や販売業務などを行います。漢方薬局にはリピーターが多いことから、お客さんの薬歴管理なども担当することもあります。

勤務時間(例)

  • 8:00~17:00など

給料

  • 正社員:平均月給250,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給914円
  • 派遣社員:平均時給1,394円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

一般的なドラッグストアなどのお客さんとは異なり、漢方薬局を訪れるお客さんは、時間をかけてゆっくりと相談していく方が多めです。お客さんとの深い付き合いの中で適切な医薬品相談に応じることに、やりがいを感じられる登録販売者も少なくないようです。

製薬会社

製薬会社での登録販売者は、製品知識の普及や販売促進に貢献し、月給相場は25万円から35万円程度です。医薬品業界の最前線で働けることと、専門性の高い知識を習得できることがメリットですが、専門性が高いため、継続的な学習と更新が必要です。医薬品に関する深い関心と、専門知識を深めたいと考える人に向いています。

メリット

成績に応じた収入アップが見込め、土日祝や年末年始、お盆に休める点が魅力です。また、最新の医薬品知識を習得し、それを活かした提案ができるため、専門性の高いスキルを身につけることができます。

デメリット

製薬会社での勤務では、営業職に売上ノルマが設定されることがあります。そのため、売り込みが苦手な方はプレッシャーを感じやすいかもしれません。成果に応じた評価が求められる環境です。

仕事内容

ドラッグストアなどに向け、自社が製造・販売している医薬品の営業活動を行うことが主な仕事です。一般消費者に対して医薬品を販売することは、基本的にありません。

勤務時間(例)

  • 9:00~18:00など

給料

  • 正社員:平均月給460,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給1,099円
  • 派遣社員:平均時給1,789円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

医薬品の販売先も医薬品を取り扱う専門会社なので、営業する上で高い専門知識が要求されます。仕事そのものを通じて医薬品の知識専門知識を高めていけることは、製薬会社の登録販売者ならではのやりがいです。

介護施設

介護施設では、入居者の健康管理に一般医薬品の知識を活かし、月給相場は20万円から25万円程度です。高齢者の健康維持に貢献できることがメリットですが、感情的な負担が大きいことや体力を要する作業があります。介護に興味があり、人の役に立ちたいと考える人に向いています。

メリット

高齢化が進む中、介護施設での登録販売者の需要は増加しています。介護が必要な方々の健康管理に貢献できることは、大きなやりがいを感じることができます。医薬品の知識を活かして、利用者の生活の質の向上に繋がるサポートを提供することが可能です。

デメリット

介護施設での勤務は、高齢者を相手にするため体力を要し、注意深さが求められます。事故やケガを避けるためには、日々の業務に細心の注意が必要です。また、介護業界の需要増加に伴い、多様な資格を持つ人も増えており、登録販売者の資格だけでは就職が難しくなる可能性があります。

仕事内容

施設の利用者に対し、薬の適切な使用の仕方などをアドバイスします。また、各利用者の薬の服用管理(飲み忘れ防止、飲みすぎ防止など)を行うこともあります。

勤務時間(例)

  • 早番:7:00~16:00
  • 日勤:9:00~18:00
  • 遅番:11:00~20:00
  • 夜勤:16:00~翌10:00など

給料

  • 正社員:平均月給260,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給1,082円
  • 派遣社員:平均時給1,386円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

高齢化社会を迎えつつある日本において、介護施設の存在意義はますます高くなっています。医薬品の専門家という立場から高齢化社会に貢献できることに、大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。

通信販売会社

通信販売会社での登録販売者は、オンラインでの医薬品販売に従事し、月給相場は22万円から28万円程度です。最新のeコマース技術を駆使して幅広い顧客にサービスを提供できることがメリットですが、顧客と直接対面しないため、細やかなニーズの把握が難しいことがデメリットです。ITスキルを持ち、新しい販売手法に興味がある人に適しています。

メリット

通信販売会社で働くと、直接お客様と対面しないため、人見知りの方も安心して始められます。医薬品に関する知識を深め、顧客サポートに専念できる環境があります。また、eコマースの成長に伴い、将来性のある市場で活躍できるチャンスも広がっています。

デメリット

通信販売会社での勤務では、電話対応の際、対面接客がない分、声のトーンや話し方で顧客満足を追求する必要があります。高いコミュニケーションスキルが求められ、時にはクレーム対応で精神的な負担を感じることもあります。

仕事内容

インターネットを通じた医薬品の販売が解禁され、ネット通販業界には薬局・ドラッグストアなどの参入が相次いでいます。これら通販店舗に所属している登録販売者は、ネットや電話経由での医薬品の相談や受注に対応しています。

勤務時間(例)

  • 10:00~19:00など

給料

  • 正社員:平均月給250,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給914円
  • 派遣社員:平均時給1,394円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

ネットや電話経由とは言え、一人ひとりのお客さんに対する医薬品の相談に対応している点では、他の職場の登録販売者と変わりありません。自分のアドバイスによってお客さんが医薬品の購入を決断してくれた際、仕事のやりがいを感じられるでしょう。

日用品メーカー会社

日用品メーカー会社では、健康関連商品の開発や販売に登録販売者が関わり、月給相場は24万円から30万円程度です。製品開発に直接関われることと、市場のニーズを捉えた新商品の提案ができることがメリットですが、市場の変動に応じた迅速な対応が求められることがデメリットです。製品開発に興味があり、市場ニーズを研究したい人に適しています。

メリット

日用品メーカー会社では、資格支援制度があり、働きながら登録販売者の資格取得が目指せます。この業界での勤務は、製品開発に携わり、市場ニーズに応える新しいアイデアを形にするやりがいも大きいです。また、最新の市場動向や消費者の傾向を学び、マーケティングスキルも磨けます。

デメリット

日用品メーカー会社では、商品範囲が広いため、医薬品以外の業務にも携わることが多く、純粋に登録販売者としてのスキルを磨く機会が限られる場合があります。

仕事内容

日用品メーカーが製造・販売している医薬品(殺虫剤や除草剤など)を、ホームセンターなどの各種販売店に営業する仕事です。会社によっては、医薬品以外の日用品の販売も任されることがあるでしょう。

勤務時間(例)

  • 10:00~18:00など

給料

※商品開発部門の場合

  • 正社員:平均月給360,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給999円
  • 派遣社員:平均時給1,541円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

医薬品の専門知識を活かす形で契約にいたった際、営業としての仕事のやりがいを感じられることでしょう。営業には高い知識が必要とされるため、仕事を通じ、より専門性を高めていけることもやりがいの一つになるのではないでしょうか。

ホームセンター

ホームセンターでの登録販売者は、DIY用品や園芸用品の販売と共に、一般医薬品の知識を提供し、月給相場は21万円から26万円程度です。多岐にわたる商品知識が身につくことと、手を動かすことが好きな人にとっては楽しめる環境があることがメリットですが、週末や祝日が忙しくなることがデメリットです。DIYや園芸に興味があり、積極的に学びたい人に適しています。

メリット

DIYや園芸など様々な商品知識が身につきます。顧客の多様なニーズに応える提案力や、問題解決能力も磨かれるため、接客スキルが向上します。また、商品管理やディスプレイの工夫を通じて、販売促進の経験も積め、やりがいを感じられます。

デメリット

ホームセンターで働く際、医薬品販売以外の業務も多く、専門的な知識を活かす機会が限られることがあります。また、土日や祝日が繁忙期となり、休日を取りにくい状況になることも考えられます。

仕事内容

ホームセンター内にある医薬品販売コーナーを担当し、仕入や陳列、お客さんからの相談対応などを行います。店舗によっては、医薬品以外の一般商品の販売も担当することがあります。

勤務時間(例)

  • 9:00~19:00など

給料

  • 正社員:平均月給350,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給974円
  • 派遣社員:平均時給1,224円

ノルマ

基本的にノルマはありません。

やりがい

店舗内の一角とは言え、実質的に売り場の責任者として医薬品販売の企画を行える点がやりがいの一つ。専門性を高めていくことで、より地域のニーズに適した売り場へとカスタマイズできます。

サロン

美容や健康サロンでの登録販売者は、化粧品や健康補助食品の選定、販売を行い、月給相場は23万円から28万円程度です。美容と健康に関する深い知識を身につけ、顧客一人ひとりに合わせたカウンセリングができることがメリットですが、美容業界特有のトレンドに常に敏感でなければならないことがデメリットです。美容と健康に関心が高く、人と接することが好きな人に適しています。

メリット

美容への関心が高い方が自己の健康や美容意識をさらに向上できます。美容アドバイザーとして、顧客に合わせたカウンセリングやアドバイスを行い、その満足を直接感じられるやりがいがあります。また、最新の美容トレンドや製品知識を学び、提案力やコミュニケーション能力が養われます。

デメリット

サロンでの勤務では、施術や特定の化粧品の販売に重点を置くため、一般的な医薬品知識を深める機会が限られます。お客様層や商品範囲の特定性が高いため、医薬品の幅広い知識を活かしたい方には合わないかもしれません。

仕事内容

本業はサロンのエステティシャンとして働きながら、医薬品の専門性を活かし、お客さんからのニーズに応じて健康食品や美容用品などの提案を行います。

勤務時間(例)

  • 10:00~22:00(シフト制)など

給料

  • 正社員:平均月給280,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給994円
  • 派遣社員:平均時給1,373円

ノルマ

個人別の売上目標が設定されることはありますが、基本的に無理なノルマはありません。

やりがい

登録販売者の資格を持つエステティシャンなので、一般スタッフに比べ、健康食品等の説明に厚みがあります。お客さんから信頼される人気エステティシャンとして活躍できれば、日々の仕事にやりがいを感じられることでしょう。

化粧品会社

化粧品会社での登録販売者は、製品知識の提供や市場調査を担当し、月給相場は24万円から32万円程度です。化粧品業界の最新トレンドを学び、新しい製品開発に関われることがメリットですが、市場のニーズに応えるためには、常に学び続ける必要があることがデメリットです。美容業界に興味があり、製品開発やマーケティングに関わりたい人に適しています。

メリット

美容業界の最新トレンドや製品知識を深く学べるメリットがあります。製品開発から販売までのプロセスに関わることで、マーケティングスキルや顧客ニーズの理解が養われ、自身の美容意識も高まります。また、顧客の満足を直接感じることができるため、大きなやりがいを得られます。

デメリット

化粧品会社で働く際、専門的な化粧品知識に特化するため、一般医薬品に関する幅広い知識を活かす機会が少なくなります。また、特定の製品ラインに集中することで、他分野のスキルアップが難しくなる可能性があります。

仕事内容

自社化粧品の販売店などで、医薬品の専門知識を持つ美容アドバイザーとして、お客さんからのさまざまな美容のお悩み相談に対応します。医薬品と化粧品の基礎は重複する部分が少なくないので、十分に専門知識を活かせる職場です。

勤務時間(例)

  • 9:00~18:00など

給料

  • 正社員:平均月給320,000円(賞与込み月額換算)
  • アルバイト・パート:平均時給946円
  • 派遣社員:平均時給1,396円

ノルマ

個人、チーム、店舗ごとの売上目標が設定されることはありますが、基本的に無理なノルマはありません。

やりがい

お客さんの肌質や希望にマッチした化粧品を、医薬品の専門家という立場から提案できます。多くのお客さんからの信頼を得て頼られるようになれば、日々の店舗での仕事にやりがいを感じられるでしょう。

自分の理想の働き方ができる「職場」を選ぼう

ドラッグストア以外で登録販売者の資格が必要、あるいは資格へのニーズが高い業界を紹介してきました。

これらの業界の多くは、登録販売者本来の業務である「OTC医薬品販売・管理・相談」にしっかりと関われることです。多くの来客のあるドラッグストアは、接客の経験を積むのに適していますが。企業や店舗の方針によっては医薬品以外の品出しや陳列、レジ業務などに追われてしまい本来の目的を見失う人もいるようです。

そんな葛藤を感じているのであれば、ぜひ今回紹介したような職場を検討してみてください。